I.P.A

インドの青鬼ビールと唐揚げのタルタルがけ

自家製タルタル

材料

・自家製ピクルス
・ゆで卵
・マヨネーズ

レシピ

自家製ピクルス

インドの青鬼


最近コンビニでもよく見かけるようになったクラフトビールの代表と言っても過言では無いのが長野県北佐久郡軽井沢町に本社を置く『ヤッホーブルーイング』。

それぞれのビールが個性的でハマるともう後にも先にも戻れないほどどハマりしてしまう他には無い味が魅力。

中でも私の推しメンは、この【インドの青鬼】。

鬼っていうとなんだかいかついイメージだけどパッケージは可愛い♡ただし、鬼の名にふさわしいアルコール度数7%とビールにしてはストロング。そしてIPAならではの冴える苦味、何より香りがめちゃくちゃいい!ホップのハーブのような香りが立ちまくる!

以前東京クラフトのIPAも紹介しているけど、苦味と味わいは東京クラフトのIPAもめちゃくちゃ美味しいけど香りに関しては、この【インドの青鬼】の方が圧倒的!アロマ感が半端ない!だから、強めなビールで癒されたい時はぴったり♡鼻に抜ける香りも最高♡

TOKYO CRAFT I.P.Aとオーザックの胡椒かけちゃんと夕ご飯は食べたのに、ちょっと飲み足りない夜。いや、飲み足りないっていうか…ビールが飲みたい!!! ビールが飲みたい衝動は、...

IPAってなに?

【インドの青鬼】のビールの種類はIPA。世界には100種類以上のビールがあると言われているけど、日本の大手企業が作るビールはほとんど100種類もある中の【ピルスナー】という一種類だけ!そこで、最近流行っているのが大手では作れないこだわりを持ったクラフトビール。そのクラフトビールの中の一つの種類が【IPA=インディアン・ペールエール】なのです!

IPAは18世紀のイギリスで、長く過酷なインドへの航海の為に、劣化しにくいビールとしてホップを大量に使ったことで苦味と高いアルコール度数を出したビールです。

普段飲んでいる大手企業が作るピルスナービールも喉越しの苦味が魅力だけど、このIPAはラガーとは違う苦味がある。ピルスナーはごくごく飲みたい感じだけど、IPAはまず香りを楽しんで、次に苦味を味わって、コクを感じて、されに鼻に抜ける香りにうっとりする…ゆったりと時間を楽しみたくなるビール。

特にこの【インドの青鬼】はスーパーやコンビニで変えるIPAの中でも苦味と香りが強いのが魅力です!