クラフトビールを知ろう

クラフトビールの定義って?クラフトとタップの意味を教えて!!

これから暑い季節がやってきますが、暑い季節にはやはりビールは格別でしょう。仕事が帰りに集まってお酒を飲むのは、日本の夏の風物詩になっています。
密かなブームになっているのが、クラフトビールという存在です。一度味わったら最後、普通のビールには戻れないという人も多いようです。今年の夏は、クラフトビールデビューというのも良いのではないでしょうか。まだクラフトビールをよく知らないという方、クラフトビールに興味のある方のために今回はクラフトビールについて紹介したいと思います。

クラフトビールの定義って?地ビールと何がちがうの?

クラフトビールというのは、小さな規模での醸造所が作る個性的で工夫を凝らしたビールのことです。通常ビールは、大手ビールメーカーによって製造されています。キリン、アサヒ、サッポロビールなどお酒を飲まない方でも知っている有名メーカです。デパートやスーパー、酒屋さんに行っても、このような大手メーカーの商品が並んでいます。しかし、 法律の改正に伴い小規模でもビールを作ることが可能になりました。村おこしの一端として、地ビールなども生まれ、観光客がお土産として一時期ブームになりました。しかし、地ビールの味のレベルはばらつきがあり味に特徴のないのは、衰退していきました。もう一度、ビールについて原料から見つめなおし、また美味しいビールを作るための技術も海外から取り入れてクラフトビールに成長しました。クラフトビールというのは、一般的に小規模で作るビールですが、原料、味、鮮度そしてその土地ならではの個性が凝縮したものをクラフトビールと言います。

クラフトビールの意味を知ろう!クラフトって何のこと?

クラフトビールのクラフトとは、職人という意味を持っています。職人が精魂こめて作ったビールと言っても良いでしょう。一般的に売っているビールと何が違うのでしょうか。一言で言えば大規模と小規模の違いということは言えますがそれほど単純なものでもありません。大規模であればなるほど、大量に作らなければなりません。大量に作るとなると、ビールの原料も大量に必要になります。もしビールの味にこだわってしまうと、原料もこだわることになります。 良い原料であればあるほど、同じものを大量に確保することは非常に難しくなります。またコスト面でも高くなってしまい、ビールの販売価格も上がってしまいます。ビールは生きているので量が多いと常に最高の管理をすることは非常に難しくなるのです。その点小規模であれば、ビールの作れる量は少なくなりますがその分味にこだわることができます。大きな工場で作って、全国各地に郵送する必要はなくクラフトビールは、出来立ての状態で提供することができます。

クラフトビールのタップっていったいどういう意味?

クラフトビールと言っても提供する形が変われば味も違ってきます。例えば、クラフトビールが瓶に入っている場合もありますしタップからクラフトビールを注いで提供するという形もいます。それそれの利点はありますがその前に、タップについて紹介します。タップとは 樽生のことを言います。まさに、クラフトビールが樽に入った状態です。クラフトビールを美味しく飲むのであればクラフトビールを樽から直接グラスに注ぐのが新鮮で美味しいです。ビールと泡の比率も自在に操ることができるのでビールを完璧な状態で味わうことができるのです。味に関して言えば、タップが一番良いでしょう。しかし、瓶のクラフトビールが悪いというわけではありません。樽に入っていれば個人でお土産に持っていくことは大変です。しかし瓶であれば、お土産として持って帰ることができます。栓もしてありますし、直射日光など保存状態に気をつければクラフトビールの風味を楽しむことが出来るでしょう。

クラフトビールの定義と意味『まとめ』

クラフトビールのて定義を紹介いたしました。クラフトビールのことについて興味が湧いて来ましたか。今回クラフトビールの詳しい味については紹介できませんでしたがクラフトビールの味もいくつかに大きく分かれているので知れば知るほど非常に興味深いです。もちろん、今市販に並んでいるビールもそれぞれ工夫を凝らして魅力的な商品があります。しかしどんなに工夫しても、クラフトビールには叶わない部分があります。一般のビールは、大衆受けをする味をしています。逆に言えば、個性が少ないと言えるのです。クラフトビールの他にはない味を知れば、どのような気候で、原料で作れるのか知りたくなる人も多いのではないでしょうか。また、旅行が好きな方はクラフトビールを知ると旅の思い出にもなって、充実した旅行を楽しむことができます。季節によっても作れるクラフトビールが変わるのも非常に面白い特徴です。四季があるからこそできる日本のクラフトビールを是非、試してみてはいかがでしょうか。